稚魚餌革命トップページへ

ゾウリムシ・ミドリゾウリムシの観察の仕方
ルーペの使用法

ゾウリムシ・ミドリゾウリムシを肉眼で観察するには無理があります。また、顕微鏡で観察するには大きすぎて無理があります。ゾウリムシ・ミドリゾウリムシを観察するには10倍から20倍のルーペが適しています。上の写真のように、透明なガラスまたはプラスチックの容器に液ごと入れ、容器の角で、懐中電灯で横から光を照射して、ルーペから1cm以内の液を観察します。背景を黒くします。まず、ガラスまたはプラスチックの内面のゴミを見て、さらにほんの少しルーペと目を前方に進めると見えます。運動している様子も見えます。一般にゾウリムシは栄養状態がよいと運動が鈍ります。ミドリゾウリムシはクロレラを多く取り込むと運動が鈍り、ほとんど動かなくなることがあります。それでも生きています。

容器がペットボトルや試験管の場合、二番目の写真のように、日中に窓にかざして逆光でも観察できます。

稚魚餌革命トップページへ