COPYRIGHT(C)2000 OUR-EXISTENCE.NET ALL RIGHTS RESERVED   一歩先を行く英文法トップページ

疑問文・疑問詞

[1]疑問詞総論

[1-1]主語が疑問詞になる場合を除いて、/助動詞 S V/do S V/be S/ の倒置が生じる。

Who invited you?(主語が疑問詞になった)
誰が君を招いたのか。

Who did you invite?(目的語が疑問詞になった)
君は誰を招いたのか。

When did you invite him?(副詞句が疑問詞になった)
彼を招いたのはいつですか。

[1-2]目的語が疑問詞になるとき、疑問詞の格は目的格が格式体、主格が普通体。

Whom did you invite?(格式体) Who did you invite?(普通体)
誰を招きましたか。

[1-3]疑問詞が前置詞の目的語となるとき、前置詞の位置として、①前置詞随伴(疑問詞が文頭に移動するに伴い前置詞もその前に移動する) と ②前置詞残留(疑問詞だけが文頭に移動し、前置詞は元の位置に残る)がある。通常、①前置詞随伴は格式体であり、②前置詞前半が普通体である。

For what did you do that?(格式体)
What did you do that for?(普通体)
あなたは何故、あんなことをしたのですか。

[1-3-1]前置詞随伴でなければならない場合はある。それは関係詞の前置詞随伴と同様である。

[1-3-2]前置詞残留に伴って、疑問詞の格が目的格から主格になるのが普通体である。非文法的だが、慣用的にそうなった。いずれにしても前置詞随伴のときは疑問詞の格は目的格でなければならない。

Who should I address this letter to?(普通体)
Whom should I address this letter to?(格式体)
To whom should I address this letter?(格式体)
×To who should I address this letter?
この手紙の宛名は誰にすればいいのですか。

[1-3-3] when, where は通常、疑問副詞だが、疑問代名詞として前置詞の目的語となる when, where がある。whenでは前置詞随伴、whereでは前置詞残留になる。

Since when have you had these headaches.
いつからその頭痛がしているのですか。

Till when does the play continue?
いつまでその芝居は続くのですか。

Where does he come from?=
Where is he from?
彼はどこ出身ですか。

Where are you going to?
どこへ行くところですか。

[1-4]二つ以上の疑問詞が来る文

Who is telling whom the story?
誰が誰にその話をしているのか。

Who and what was Amy Gibbs?
エミー・ギブスは何者で何をやっていたのか。

[1-5]従属節の部分が疑問詞になることも可能である。

Who does he think he is?
彼は自分を何様と思っているのか。

[1-6]強調構文の強調される部分が疑問詞になることも可能である。

Who /is/was/ it that broke the window?
窓を壊したのは誰だ。

Why is it you can do nothing?
何もすることができないのは何故ですか。

[2]who

[2-1] who か whom か。前置詞の直後に置くときを除いて普通、who を用いる。

Who should I address this letter to?
To whom should I address this letter?(上の形のほうが普通)
この手紙の宛名は誰にすればいいのですか。

[2-2] who か which か。限定された人の中からの選択を問うとき、of - が続けば which を用い、of - が続かなければ who を用いる。

Which of those boys won?
それらの少年のうちどちらが勝ちましたか。

Who won, Bill or John?
ビルとジョンのうちどちらが勝ちましたか。

[3]what

[3-1]通常、未限定の物について用いる。疑問代名詞としてだけでなく、疑問形容詞としても機能する。

What is her nationality?(疑問代名詞)
彼女の国籍は何ですか。

What language do you speak?(疑問形容詞)
あなたは何語を話しますか。

[3-2]人について用いると、職業を尋ねる。

"What are you?" "I'm a student."

[3-3]疑問形容詞としての what は人、物のどちらも指しえる。

What writer do you like?
あなたはどんな作家が好きですか。

[3-3-1] what は未限定のものについて用いられ、which は限定されたものについて用いる。疑問形容詞としても。例えば、

Which writer do you like?
あなたはどの作家が好きですか。

では、既に何人かの作家が話題になっており、それらの作家のうちいずれかを指す。

[3-4]慣用的表現

[3-4-1] what is S doing here?の慣用的意味。何故、特定のものが特定の場所にいるのか、驚きや不快を表す。

What's our longboat doing here?
何故、わたしたちの大型ボートがこんなところにあるのか。

[3-4-2] What is the matter? の主語は何か。間接疑問文にするときどうするか。what が主語。だから、間接疑問文になっても語順は変わらない。

He didn't know what was the matter with him.
彼は何が問題なのかを知らなかった。

[4]which

[4-1]限定された物・人について用いられる。疑問代名詞としてだけでなく疑問形容詞としても機能する。

[4-2] which が人を指すか物を指すか。形容詞、which of という形では人も物も指しえる。単独では通常、物を指す。人については who で代用する。ただし、of - が続くと which を用いる。

Which of these umbrellas is yours?
これらの傘のうちどれが君のですか。

Which of you won the prize?
君たちのどちらが賞を取ったのか。

/Which one/Who/ do you like better, your mother or your father?
お母さんかお父さんかどちらのほうが好きですか。

Who won, Smith or Fitzgibbon?
スミスかフィッツギボンかどちらが勝ったのですか。

[5]疑問副詞

[5]副詞句が疑問詞になったもの。when, where, why, how がある。

[5-1] when, where は通常、疑問副詞だが、疑問代名詞として前置詞の目的語となる when, where がある。when では前置詞随伴、whereでは前置詞残留になる。誤解の余地がなければ、前置詞+/when/where/ ではなく、疑問副詞としての/when/where/を用いる。

Since when have you had these headaches.
いつからその頭痛がしているのですか。

Till when does the play continue?
いつまでその芝居は続くのですか。

Where does he come from?=
Where is he from?
彼はどこ出身ですか。

Where are you going (to)?
どこへ行くところですか。

Where do you live?
×Where do you live in?
彼はどこに住んでいますか。

[5-2] why

[5-2-1] 返答には because で答えるのが普通。

"Why do you watch TV?" "Because it's good for my English."

[5-3] how

①方法
②様態
③程度

を尋ねる。

"How did you get here?" "By car."(①方法)
「どうやってここへ来ましたか」「車でです」

"How are you?" "I'm very well, thank you."(②様態)
「元気ですか」「ありがとう、元気です」

How many people came?(程度、数)
何人が来ましたか。

How much sugar do you want?(程度、量)
砂糖はどれぐらいがいいですか。

How often do you wash your hair?(程度、頻度)
髪の毛を何日に何回、洗いますか。
[5-3-1]程度を表すとき通常、続く形容詞は単純な程度を表し、肯定的意味も否定的意味ももたない。

"How old is he?" "Young" "How young?" 「彼は何歳ですか」「若いです」「どれぐらい若いですか」

この会話の中の old は歳を取ったという肯定的意味をもたず、単純な年齢を表す。それに対して、young は若いという肯定的意味をもつ。最初から How young is he? と問われることはない。

[5-4]疑問副詞を用いた慣用表現 [5-4-1] why not で提案、快諾などを表す。主語、動詞句が省略されることがある。not なしでは否定の提案、拒否などを表す。

Why argue with him? He'll never change his mind.(否定の提案)
何故、彼と議論するのか。彼は絶対に心を変えないのに。

"May I go now?" "Why not?"(快諾)
「もう帰っていいですか。」「もちろん、どうぞ。」

"Why not come/don't you come with us?" "Thanks, I will."(提案)
「一緒にいらっしゃったらどうですか。」「ありがとう。そうします。」

Why spend money which we were so short of?
何故、カネを使うのか。カネのないときに。(否定の提案)

[5-4-2] How dare S V で「よくも」「厚かましくも」「ずうずうしくも」、権威の毀損に対する憤慨を表す。

How dare you insult me?
よくも私をばかにしてくれたね。

How dared the child contradict his teacher?
あの子はよくも先生に口答えできたね。

[6]間接疑問文

[6]動詞の中には、節を目的語としてとるとき、that節のみをとるもの、wh節のみをとるもの、両方をとりえるものの三種類がある。

S V that節型:think, believe, hope, suppose, guess, feel, etc.
S V wh節型:ask, wonder, investigate, inquire, etc.
S V /that節/wh節/型:decide, discover, forget, guess, know, remember, learn, reach, see, hear, tell, etc.
伝達動詞/that節/wh節/:say, report, etc.

〇I think that he was a history-making diplomat.
彼は歴史を作った外交官だと私は思う。
×I think if he was a history-making diplomat.

〇I wonder if he was a history-making diplomat.
彼は歴史を作った外交官だったのだろうかと私は思う。
×I wonder that he was a history-making diplomat.

〇I remember that he made the decision.
彼がその決定を下したことを私は覚えている。
〇I remember who made the decision.
誰がその決定を下したか私は覚えている。

〇I said that he made the decision.
彼がその決定を下したと私は言った。
〇I said who made the decision.
誰がその決定を下したか私は言った。

[6-1]疑問文+/that節/間接疑問文/には yes-no疑問文に含まれる Do S V wh節型 と Wh疑問文に含まれる Wh do S V that節型 の二種類がある。前述の動詞の型によって、どの型の間接疑問文をとるかが決まっている。

           Do S V wh節型 Wh do S V that節型
S V that節型        ×     〇
S V wh節型         △     ×
S V /that節/wh節/型    〇     △
伝達動詞/that節/wh節    △     △

S V that節型の動詞はwh節を目的語としてとれないので、Do S V wh-型の疑問文を作れない。SV wh節型の動詞はthat節を目的語としてとれないので、Wh do S V that節型の疑問文を作れない。その他については非文法的ではないが、疑問文にしても意味がないので上のようになる。

I think that she is a singer.→
What do you think she is?

I know that she is a singer.→
Do you know what she is?

[6-1-1]Wh do S V that節型の間接疑問文のうち that 節中の主語が疑問詞になったものは、下のように do S V を挿入したものとも考えられる。

Who (do you think) invented it.
誰がそれを発明したとあなたは思いますか。

What (do you suppose) happened next?
次に何が起こったと思いますか。

[6-1-2]Wh do S V that節型で従属節の主語が疑問詞になるときは that を入れてはいけない。that を入れると that が主格の関係代名詞のように誤解されるからである。

Who do you think (that) he saw?
彼が誰と会ったとあなたは思いますか。

Who do you think (×that) saw her?
誰が彼女と会ったとあなたは思いますか。

[6-2] 非文法的だが慣用的に、I don't know wh が「~か知らない/もの/ところ/とき/(//の/に/)」という意味の/名詞節/形容詞節/副詞節/になることがある。

I heard you had gone away, nobody knew where.(go を修飾する副詞節)
あなたは誰も知らないところへ行ってしまったそうですね。

There were I don't know how many errors.(errors を修飾する形容詞節)

いくらあるか分からないたくさんの間違いがあった。

I'll follow you to I don't know where.(前置詞 to の目的語である名詞節)
どこか分からないところでも、あなたに着いて行きます。

[7]疑問詞+to不定詞

[7-1]疑問詞+to不定詞は助動詞の should, must に等しい。ただし、後述する why+原型不定詞を除いて。

I wondered how to get there.→
I wondered how I should get there.
私はどうやってそこへ行こうかと思った。

He hardly knew whether to laughed or cry.
彼は笑うべきか泣くべきかほとんど分からなかった。

I am still puzzling about which dictionary to buy.
どの辞書を買うべきか私はまだ迷っている。

They discussed the problem of how to increase foreign aid.
彼らは対外援助をいかに増やすかという問題を討論した。

[7-2]不定詞の主語について、①主文の主語と同一である ②主文の目的語と同一である の二つの場合がある。また、疑問詞または疑問詞句の格について、(1)不定詞が含む動詞の目的語である (2)不定詞が含む前置詞の目的語である (3)不定詞が含む副詞句である の三つの場合がある。また、不定詞が主文の中でどの文の要素に該当するかについて、S,O,C,前置詞の目的語,それらと同格などがある。

I wondered how to get there.①(3)O
私はどうやってそこに行こうか考えた。

I had no idea who(m) to talk to.①(2)目的語と同格
私は誰に話し掛けたらよいか分からなかった。

I don't know which to take.①(1)O
私はどちらを取ったらいいか分からない。

I am still puzzling about which dictionary to buy.①(1)前置詞の目的語
私はどの辞書を買うべきかまだ迷っている。

They discussed the problem of how to increase foreign aid.①(3)前置詞の目的語
彼らは対外援助をどうやって増やすかという問題を論じた。

I told him where to go.②(3)O
私は彼にどこへ行くべきか教えた。

I asked him what to do.①(1)O
私は彼に何をしたらよいか尋ねた。

[7-2-1](2)疑問詞が不定詞が含む前置詞の目的語になるとき、前置詞を疑問詞の前に随伴させるか、残留させるかは、疑問詞、関係代名詞の規則に準じる。また、who か whom かもその規則に準じる。

I had no idea who(m) to talk to.
私は誰に話しかけたらいいのか分からなかった。

[7-2-2]疑問詞がto不定詞の主語になることは不可能である。

×We discussed who to go.→
〇We discussed who should go.
私たちは誰が行くべきか論じた。

[7-3] why 不定詞について。to不定詞ではなく原型不定詞が使われる。Why+肯定形で否定の提案、拒否、Why+否定形で提案、快諾などを表す。Why do you -?, Why don't you -?から派生したと考えればよい。

Why talk so much about it?
←Why do you talk so much about it?
何故それをそんなにくどくど話すのか。

Why not go and see your doctor?
←Why don't you go and see your doctor?
医者に診てもらったらどうか。

You are looking tired. Why not take a holiday?
疲れているようだ。休暇をとったらどうか。

[8]yes-no疑問文

[8-1]否定の答え方で No, 代名詞 助動詞+notの短縮形にならないものは、No, I'm not.

[8-2]答え方で/Yes/No/, 代名詞 助動詞+not以外の特殊な形に以下がある。

善悪抜きにして。/I think so/I don't think so/.
良いことに対して。/I hope so./I'm afraid not/.
悪いことに対して。/I'm afraid/I hope not/.

[8-3]米の話し言葉では肯定の疑問文が感嘆的に用いられることがある。

Am I glad!
すごくうれしい。

Am I fed up!
もううんざりした。

[9]否定の疑問文

[9-1]否定の疑問文の意味

[9-1-1]肯定の答えを期待し確認する。

Aren't you a member of the tennis club?
あなたはテニス部のメンバーではありませんか。

Don't you think so?
そう思いませんか。

Don't you remember the day we first met?
初めて会った日のことを覚えていないか。

[9-1-2]信じられない気持ちや驚きを表す。

Didn't he tell you he was married?
彼は結婚していることをあなたに言っていなかったのか。

[9-1-3]焦燥をもって要求する。

Can't you keep still?
じっとしていられないの。

[9-1-4]反語的に感嘆を表す。

Isn't it cold?
寒いじゃないですか。

[9-2]短縮形を使わない形。形式ばった文体で。助動詞+主語+notの語順になる。

Were they not aware of the danger?
彼らは危険に気づかなかったのか。

[9-3] not 以外の否定語を使う形として以下などがある。

Has nobody succeeded in solving the problem?
誰もその問題を解けなかったのか。

[10]付加疑問文

[10-1]付加疑問文の基本的用法と意味。一般に肯定文には否定形の疑問文を付加し、音調は下降調で、肯定の意味を確認し、否定文には肯定形の疑問文を付加し、語調は下降調で、否定の意味を確認する。

You don't like him, do you?
あなたは彼が嫌いなんですね。

[10-2]肯定文の後に肯定形、否定文の後に否定形が来ることがある。語調は上昇調で、相手の発言への疑い、皮肉などを表す。

He tries to do it in a day, does he?
彼はそれを一日でやろうとしているのか。嘘だろう。

[10-3]I believe John doesn't lie.などの複文では主節について疑問文を付加するときと、従属節について疑問文を付加するときがあり、当然、意味が異なる。また、不自然な文になることがある。

〇I believe he doesn't lie, does he?
私は彼は嘘をつかないと思います。嘘をつきませんね。

×I believe he doesn't lie, don't I?

〇You believe he doesn't lie, does he?
あなたは彼が嘘をつかないと思っています。嘘をつきませんね。

〇You believe he doesn't lie, don't you?
あなたは彼が嘘をつかないと思っているのですね。

一歩先を行く英文法トップページ   COPYRIGHT(C)2000 OUR-EXISTENCE.NET ALL RIGHTS RESERVED