COPYRIGHT(C)2000 OUR-EXISTENCE.NET ALL RIGHTS RESERVED   一歩先を行く英文法トップページ

時制の一致

[1]時制の一致の原則

[1]時制の一致の原則

①直接話法:S V "DC."
②間接話法:S V that IC.
において、S V を 伝達部と呼べ、DC or IC を被伝達部と呼べる。

動詞の時制がそれよりもう一つ前の過去に変換されることを"back-shift"と呼べる。直接話法から間接話法の書き換えにおいて、

(1)伝達部(主節)の動詞が現在形、現在完了形、未来形のときは back-shift は生じず被伝達部(従属節)の動詞(助動詞)の時制は直接話法と変わらない。

(2)伝達部(主節)の動詞(助動詞)が過去形のとき、

(2-1)直接話法の被伝達部(従属節)の動詞(助動詞)が現在形のとき、

(2-1-1)文全体の発話時=被伝達部(従属節)の内容の時間のとき、被伝達部の動詞(助動詞)は back-shift せず、現在形
 特に被伝達部の内容が現在も過去も未来も変わらない普遍的真理であるとき back shift せず、現在形
 ただし、=か>か不明の時は back-shift し、過去形
(2-1-2)文全体の発話時>被伝達部の内容の時間のとき、被伝達部の動詞(助動詞)は back-shift し、過去形
(2-2)直接話法の被伝達部(従属節)の動詞(助動詞)が過去形のとき、被伝達部の動詞(助動詞)は back-shift し、過去完了形
 ただし、被伝達部の内容が歴史的出来事であるとき、被伝達部の動詞(助動詞)は back-shift せず、過去形

(3)被伝達部の動詞が未来を表す(will, be going to, etc.)助動詞の現在形のとき、

(3-1-1)文全体の発話時=<被伝達部(従属節)の内容の時間のとき、被伝達部の動詞(助動詞)は back-shift せず、助動詞の時制は変わらない。
 ただし、=<か>か不明の時は back-shift し、助動詞の時制は過去形
(3-1-2)文全体の発話時>被伝達部の内容の時間のとき、被伝達部の動詞(助動詞)は back-shift し、過去形

が原則である。

He said, "I like music."
He said that he liked music.
He said that he likes music.
彼は音楽が好きだと言った。

今も彼が音楽が好きなら、likes。今は好きでないまたは不明なら、liked.

He said, "I saw her yesterday."
He said that he had seen her yesterday.
He said that he had seen her the day before.
昨日彼女と会ったと彼は言った。

彼が言った時と文全体の発話時が同一日なら yesterday、そうでないなら the day before。

John said, "I have seen the film before."(現在完了形は現在時制である)
John said that he had seen the film before.(過去完了形は過去時制である)
ジョンはその映画は以前に見たことがあると言った。

The teacher said, "History repeats itself."
The teacher said that history repeats it self.(普遍的真理)
歴史は繰り返すとその教師は言った。
The teacher said, "The Dutch accepted protestant refugees in the sixteen and seventeen centuries."
The teacher said that the Dutch accepted protestant refugees in the sixteen and seventeen centuries.
(歴史的出来事) オランダ人は16-17世紀にプロテスタント難民を受け入れたとその教師は言った。

We learned that Leif Ericsson had discovered America earlier than Columbus did.
レイフ・エリクソンはコロンブスより早くアメリカを発見していたと、私たちは学んだ。

どちらも歴史的事実だが、レイフ・エリクソンの業績がコロンブスより前であることを強調する必要があるのでこうなった。

She said, "I will have left by this time tomorrow."
She said that she would have left by that time of the day before."(助動詞の back-shift)
彼女は明日の今頃までには去っていますと言った。

Peter said, "I will leave after John returns."→ Peter said that he would leave after John returned.(助動詞の back-shift)
ピーターはジョンが戻ってきてから自分は行くと言った。

ただし、ジョンが戻ってくることが現在の習慣になっているなら。

Peter said that he would leave after John returns.

ジョンが戻ってくることも、その後、ピーターが帰ることも現在の習慣になっているなら。

Peter said that he will leave after John returns.

(途中) [1例外]だが、上記の規則はかなり緩やかである。文全体の話し手が、発話時現在に基準をおいて過去も大過去も同じ過去と見なし、過去形→過去完了形の back-shift は生じないことがあり、話し手が時間にあまり注意を払わないなら、かえって上記規則に慣性的に従って、現在も真であっても、 back-shift することがある。

[1例外1]被伝達部の内容が現在も真であることを特に強調する必要がない場合は、動詞を過去形にすることがある。

He /forgot/mentioned/realized/discovered/showed/noticed/was amazed/was concerned/ that coconuts /grew/grow/ high up on trees.
彼はココナッツは木が高いところに成ること/を忘れていた/を述べた/を残念がった/を理解した/を発見した/を示した/に気づいた/に驚いた/を心配した/。

話し手がココナッツは木の高いところに成ることが現在でも真であることを強調したいなら、grow を用い、そうでないなら、grew でもよい。

He thought that the new President of Korea /is/was/ really a KCIA agent.
彼は韓国の新大統領は本当はKCIAのエージェントだと考えた。

It seemed that the new President of Korea /is/was/ really a KCIA agent.
韓国の新大統領は本当はKCIAのエージェントであるようだった。

文全体の話し手が現在もそうだと思い、それを強調したいたなら、 is とする。

This morning he said he /is/was/ going there tomorrow.
今朝、彼は明日そこに行くことになっていると言った。

文全体の発話時に基準を置くなら is。主節の動詞の過去形につられて、慣性的に back-shift するなら was。

[1例外2]文全体の発話時の過去>被伝達部の内容の時間において、それらの時間差への注意が希薄になり、従属節の動詞が過去完了形ではなく単なる過去形になることがある。特に被伝達部に時間を明示する語句があり、より過去であることが明らかなときは、被伝達部の動詞は単なる過去形になることが多い。

"The exhibition finished last week," explained Ann.
Ann explained that the exhibition /finished/had finished/ the preceding week.
展示会は先週終わりましたとアンは説明した。

[1例外3]直接話法で従属節に過去完了形があるとき、それより過去の時制はないので、間接話法でも過去完了形のままにする。

He said, "I found that I had seen the film before."
He said that he /had found/found/ that he had seen the film before.
彼は以前にその映画を見たことがあることが分かったと言った。

He said "I went to see a film yesterday, but I had seen it before."
He said that he had gone to see a film the day before, but that he had seen it before.
昨日映画に行ったが、以前に見たことがあった、と彼は言った。

逆に言うと、間接話法で従属節に過去完了形があるとき、時を表す副詞句または節がなければ、直接話法への書き換えは三通りが可能である。

She said that she had seen him.→
She said, "I saw him."
She said, "I have seen him."
She said, "I had seen him."

[1例外4]伝達部(主節)の動詞が現在完了形のとき、現在完了形は現在時制なので従属節において back-shift を生じないのが原則だが、被伝達部の内容が過去にも事実であることを強調する場合は back-shift を生じることがある。

I have always known you /are/were/ a good speaker.
あなたが話がうまいことを私はずっと知っていました。

I have always thought he /is/was/ a gentleman.
彼は紳士だと私はいつも思ってきました。

ちなみに、上の二文の主節の現在完了形の意味は継続である。

[2]助動詞の時制の一致と仮定法における時制の一致

[2-1]伝達部(主節)が控え目表現を含む仮定法過去のとき、被伝達部(従属節)において back-shift は生じない。

The boss would say, "You are fired."
The boss would say that you are fired.(控え目な推測)
社長ならお前は首だと言うだろう。

[2-2]被伝達部(従属節)に、慣用表現を含む直接法過去形または控えめ表現の仮定法過去の could, would, might, should, used to, had better などの助動詞の過去形があるとき、back-shift しない。つまり、助動詞過去形+have+過去分詞とならない。元来過去形であった must, ought to, need でも back-shift しない。

"We could be wrong," I told them.(控えめの推測)
I told them that we could be wrong.
「私たちは間違っているかもしれない」と私は彼らに言った。

He warned, "You had better not tell anyone."(慣用表現)
He warned that I had better not tell anyone.
「誰にも言わない方がいいぞ」と彼は私に警告した。

"You shouldn't smoke in the bedroom," he told them.(慣用表現)
He told them that they shouldn't smoke in the bedroom.
寝室で煙草を吸ってはいけませんと彼は彼らに言った。

He said to me, "You must be tired."(元来過去形)
He told me that I must be tired.
さぞお疲れでしょうと彼は言った。

He said, "You needn't go."(元来過去形)
He said I needn't go.
君は行かなくてよいと彼は言った。

[2-3]被伝達部が仮定法現在、仮定法過去、仮定法過去完了のとき。仮定法現在では back-shift は生じない。仮定法現在の代わりに should が用いられるときにも生じない。控えめ表現を除く非現実を表す仮定法過去では back-shift は生じる。ただし、被伝達部の内容が現在も真のときはどちらでもよい。非現実を表さない控えめ表現の仮定法過去では back-sift は生じない。仮定法過去完了では back-shift は生じない。

We insisted that he (should) leave at once.(仮定法現在またはその代用の should)
私たちは彼がすぐに立ち去ることを要求した。

It was essential that this mission (should) not fail.(仮定法現在またはその代用の should)
この使命が失敗しないことが不可欠だった。

"If he were here, he would vote for the motion," she said.(非現実を表す仮定法過去)
She said that if he had been there, he would have voted for the motion.
彼がここに居たらこの動議に賛成票を入れるでしょう、と彼女は言った。

She said, "If I had any money, I'd buy you a drink."(非現実を表す仮定法過去)
She said that if she had had any money, she would have bought me a drink.(現在カネがある場合)
She said that if she had any money, she would buy me a drink.(現在もカネがない場合)
もしお金があったら、一杯おごります、と彼女は言った。

He said, "it would be nice if I could see you again."(非現実を表す仮定法過去)
He said it would be nice if he could see me again.(現在も会えない)
「もう一度お目にかかれたらよいのですが」と彼は言った。

[3]被伝達部の中に主節と従属節があるとき

[3-1]直接話法の被伝達部の主節と従属節の動詞(助動詞)が現在形(未来を表す will, be going to, 完了を表す have を含む)のとき、被伝達部の中の主節も従属節も back-shiftするのが普通である。

Peter said, "I will leave after John returns."
Peter said that he would leave after John returned.
ピーターはジョンが戻ってきてから自分は行くと言った。

だが、ジョンが戻ってくることが現在の習慣になっており確実なら。

Peter said that he would leave after John returns.

となることがある。また、ジョンが戻ってくることも、ピーターが去ることも現在の習慣になっており確実なら、また、文全体の発話時もピーターが去らずジョンが戻っていないなら。

Peter said that he will leave after John returns.

となることがある。

[3-2]直接話法の被伝達部の主節と従属節の動詞が過去形のとき、従属節の時制は back-shift しないのが普通である。

He said, "John waited outside while Mary locked up."
ジョンはメアリーが玄関を閉めている間、外で待ったと言った。
He said that John had waited outside while Mary locked up.
(これが普通)
He said that John had waited outside while Mary had locked up. (従属節まで back-shift するのは稀)

[3-3]被伝達部の主節と従属節の動詞がともに過去完了形のとき、もはや back-shift しない。被伝達部の主節の動詞が過去形で従属節の動詞が過去完了形のとき、主節の動詞は back-shift するのが普通である。被伝達部の主節の動詞が過去完了形で従属節の動詞が過去形のとき、従属節の動詞は back-shift しないのが普通だが、back-shift することもある。

Jim said, "Max had already gone when I phoned him this morning."
Jim said that Max had already gone when I phoned him this morning.(こちらが普通)
Jim said that Max had already gone when I had phoned him this morning.(こちらは少ない)
今朝電話したとき、マックスは既に出かけていた、とジムは言った。

[3-4]目的を表す従属節中の時制の一致。助動詞は過去形にする。元来過去形の助動詞はそのままにする。

They climbed higher so that they might get a better view.(may を might に変えた)
彼らはもっと眺めをよくするためにさらに高く登った。

I took care that he should not hear me.(should をそのままにした)
私は彼に聞こえないように注意した。

[3-5]比較節においては文全体の発話時を基準とするので時制の一致は生じない。

He sang better than /①she did/②she had ever done/③she has ever did/④she does/⑤she will do.
①では彼が歌ったのも彼女が歌ったのも同じ過去、②では彼女が歌ったのは彼が歌ったより前の過去、③では彼女が歌ったのは文全体の発話時から見た過去、④では彼女が歌うのは文全体の発話時、⑤では彼女が歌うのは文全体の発話時から見た未来である。

[4]動詞による時制の一致の傾向

[4]以下の動詞では、被伝達部の現在における真偽が問題にならないので、 back-shift する傾向が強い。

[4-1]主語の想像、夢想、信念を表す動詞では真偽が問題にならないので

I dreamed that I was playing the piano.
私はピアノを弾いている夢を見た。

Marmaduke believed that he was of royal blood.
マーマデュークは自分は王族だと信じていた。

[4-2]主語の発話の様態を表す動詞

John /quipped/snort/whisper/ that Mary was a spy.
メアリーはスパイだとジョンは/冗談で/鼻を鳴らして/小声で/言った。

[4-3]発言内容が推測、可能、事実…などであることを既に断っている動詞、形容詞、名詞

It /seemed/was likely/was possible/was a fact/was true/ that John was blameless.
ジョンは悪くない/ようだった/可能性があった/というのは事実だった/。

一歩先を行く英文法トップページ   COPYRIGHT(C)2000 OUR-EXISTENCE.NET ALL RIGHTS RESERVED